土下座騒動 ダンカンが「眉すり切れるまで」の体験明かす

公開日:  更新日:

 公開2日前に出演女優2人が降板して注目を集めている、鈴木砂羽(44)初演出舞台をめぐる騒動。土下座の強要はあったのか、なかったのか――鈴木サイドと降板女優側の主張は真っ向から対立しているが、そんな中、タレントのダンカン(58)が過去に受けた“理不尽な体験”を14日のブログで明かし、話題になっている。

 今回の騒動をテレビで見たというダンカンは、あくまで中立の立場を取りつつ、自身は舞台稽古で眉がすり切れるまで土下座をしたことがあると公表。「稽古場のあちこちで まるで土下座祭りのような光景を見てきたけどなあ…」とつぶやいた。また、騒動が紛糾している理由については、「土下座と降板は別の問題のような?」と分析している。

 さらにダンカンは「いずれにせよ芸能界は理不尽ですよ」とした上で、99%出演が決まっていたCMが納得出来ない理由でキャンセルされた過去や、収録が終わったCMがお蔵入りになったなどの裏話もポツリ。

 その一方で「文句があるなら芸能界にいるな」とも主張しているが、眉がすり切れるまでの土下座とは、一般社会では“ブラック”認定されてもおかしくない話。やはり、芸能界が特殊な世界であることは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る