• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美女と密会 熟年離婚の鹿賀丈史は“老いらくの恋”バリバリ

 老いらくの恋というべきか――。ベテラン俳優、鹿賀丈史(66)の知られざるプライベートが明らかになり話題だ。発端はきょう15日発売の写真誌「フライデー」最新号。「上戸彩似の美女と新しい恋」との見出しで鹿賀の密会劇を報じたことだ。

 同誌によると、9月5日の夜、東京・西麻布の高級すし店から30代前半の巨乳美女と姿を現した鹿賀は、いったんはタクシーに美女を乗せ、帰したかと思いきや、深夜2時に西新宿で合流し、飲み直した後、相合い傘でホテルへと消えて行ったという。

 関係者によると、鹿賀は故郷の金沢で15歳の頃に出会った幼なじみと結婚、ひとり息子がいて、もう30代後半になるそう。夫人も息子も一般人ということもあってか、これまでほとんど私生活を明かすことはなかったが、家庭があるとすれば、この美女との逢瀬はリッパな不倫ということになる。鹿賀も“ゲス不倫”スキャンダルの仲間入りかと同誌が直撃したところ、お馴染みのバリトンボイスでこう答えたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事