美容は万全も…デビュー38年の松田聖子に忍び寄る“老い”

公開日: 更新日:

 夏のバカンスなのか、ケガの療養なのか――。松田聖子(55)のシンガポール渡航が話題だ。日本武道館で8日からの2日間コンサートのステージに車椅子で向かった聖子は公演終了後、慶応病院勤務の夫・K氏(54)に車椅子を押され、シンガポールへ。個人事務所からの独立でもめていた実母ともども、高級ホテルにチェックインしたと報じられた。

 ベテラン芸能記者で聖子ウオッチャーの青山佳裕氏が言う。

「当地でご主人の医学会があり、かねて同行する予定だったそうです。コンサートの数日前に後ろ向きで転倒し、ぎっくり腰になってしまったことで、『無理しないでいいよ』とご主人は止めたそうですが、聞かなかったのだとか。2012年に入籍後、ご主人の学会は夫婦恒例の行事みたいなもの。聖子さんにとって医者の妻の務めであると共に、楽しめる時間なのだそうです。さすがに下着の着替えまではさせられないと、お母さんにお願いして身の回りの世話をしてもらっているのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る