妊娠中に200万円稼いだ おきゃんぴー橋本雅子の波瀾万丈

公開日: 更新日:

 90年代に入ってマリコが「就職したい」というので当時、レギュラーが10本以上あったけど「マリコが辞めたいならいいよ」とあっさり解散。私はドラマやリポーターを一人で始めてまだ芸能界にいました。

 それで、辞めてからの30代がド貧乏! 妊娠したけど、付き合っていた男性に結婚の意思がそもそもなくて。でも、産むと決めて狭いワンルームにひとり暮らししながら妊娠中にラジオやリポーターで懸命に稼ぎ、200万円を貯め、出産費用と出産後の生活費に充てました。

■30代でシングルマザー、45歳で離婚を経験

 引退してシングルマザーになった後も大変で、初めてハローワークに行ったけど、資格もなければワープロも無理で、できることが何もない。フランス家庭料理店にどうにか勤められても産後で高熱を出したり体調が悪くて、1カ月で辞めてしまって……。自分は粗末なものを食べても、子供には栄養のある離乳食や栄養のあるブロッコリーをのせたラーメンを(笑い)。他の仕事に就いても、子供を預けられる時間が限られているから、生活費がどうしても足りない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る