• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

沖縄帰り逆境に…パッション屋良はトレーナーで極貧脱出

 白い体操着で胸を叩く芸風がウケた、ピン芸人のパッション屋良さん(40)。ブレーク前も苦労したが、その後、ヒドい極貧生活に陥って……。

  ◇  ◇  ◇

 お笑いは学生時代から好きだったけど、“人を笑わせてメシ食えるなんて、世の中そんなに甘くないよな”と思い、体育教師を目指して上京し、体育学部に入りました。でも、当時は芸人ブームが始まっていて、テレビつけるとネタ番組ばかりやってる。「やっぱりオレもやりたい!」と決意して芸人の事務所に入りました。ただ、売れなかった時のためにちゃんと卒業して、教員免許も取ってから(笑い)。

 バイト時代に苦労したのはメシです。まだ若いし、体育系だからご飯はすごく食べる。でも、お金がないから、お茶漬けの素ひとつでメシを3合食ったり。焼き肉屋でバイトした時は賄いで牛肉丼を好きなだけ食べて、アパートで食べる用に冷凍肉を持って帰ったり。同じ沖縄出身の彼女がいたんですけど、「たまには外食しようか!」と誘っても、お金を使わないため、レストランに行く前にコンビニのパンである程度、お腹を満たしてから店に入ってた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る