不倫愛と隠し子説 ドラマ盛り上げる黒柳徹子の謎の私生活

公開日:

 先週から始まった帯ドラマ劇場「トットちゃん!」(テレビ朝日系、平日12時30分~)の評判がいい。3日の視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。第1週の平均でも5%台後半と好スタートを切った。

 黒柳徹子(84)の半生とその家族の激動の日々を描く同ドラマ。内容をざっくりといえば、実母・黒柳朝の自伝エッセーを原作としたNHK朝ドラ「チョッちゃん」(87年)と、黒柳の自著「窓ぎわのトットちゃん」を掛け合わせた二番煎じかと思いきや、さにあらず。

 初週は黒柳が生まれる前の両親のなれ初めを描いた。まあ、そもそも30年前の朝ドラを事細かに覚えているツワモノは別としてエピソード自体が新鮮。父親役の山本耕史(40)を筆頭に、佐藤B作(68)や八木亜希子(52)といった芸達者な脇役が揃い、実にテンポよく見せていくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る