37年間封印 岸田敏志が語る「菊姫」大吟醸にまつわる秘話

公開日: 更新日:

 昨年がデビュー40周年だった岸田敏志さん(64)は日本酒が大好き。うまい酒を飲むために故郷・岡山の備前焼を習得して作陶を続けている。岸田さんが37年間、封印してきたお酒にまつわるエピソードとは……。

 ◇  ◇  ◇

 生まれたのは岡山県のほぼ中央、落合という中国山地に囲まれた盆地の小さな町(現真庭市)。9人きょうだいの8番目に生まれた父と母はもとより、父のきょうだいはほとんど教職という教育一家でした。厳しかった半面、実家に集まれば、毎回笑いの絶えない酒盛りが始まり、物心ついた頃からお酒は楽しいもんだなと思って育ちました。

 父が愛飲していたのは廃業してしまった酒蔵の地元の「うろこ」や勝山の銘酒「御前酒」。よく晩酌していたのを覚えています。僕も「何が好きか」と問われれば、イの一番で挙げるのは日本酒です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る