37年間封印 岸田敏志が語る「菊姫」大吟醸にまつわる秘話

公開日:  更新日:

 昨年がデビュー40周年だった岸田敏志さん(64)は日本酒が大好き。うまい酒を飲むために故郷・岡山の備前焼を習得して作陶を続けている。岸田さんが37年間、封印してきたお酒にまつわるエピソードとは……。

 ◇  ◇  ◇

 生まれたのは岡山県のほぼ中央、落合という中国山地に囲まれた盆地の小さな町(現真庭市)。9人きょうだいの8番目に生まれた父と母はもとより、父のきょうだいはほとんど教職という教育一家でした。厳しかった半面、実家に集まれば、毎回笑いの絶えない酒盛りが始まり、物心ついた頃からお酒は楽しいもんだなと思って育ちました。

 父が愛飲していたのは廃業してしまった酒蔵の地元の「うろこ」や勝山の銘酒「御前酒」。よく晩酌していたのを覚えています。僕も「何が好きか」と問われれば、イの一番で挙げるのは日本酒です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る