37年間封印 岸田敏志が語る「菊姫」大吟醸にまつわる秘話

公開日: 更新日:

 昨年がデビュー40周年だった岸田敏志さん(64)は日本酒が大好き。うまい酒を飲むために故郷・岡山の備前焼を習得して作陶を続けている。岸田さんが37年間、封印してきたお酒にまつわるエピソードとは……。

 ◇  ◇  ◇

 生まれたのは岡山県のほぼ中央、落合という中国山地に囲まれた盆地の小さな町(現真庭市)。9人きょうだいの8番目に生まれた父と母はもとより、父のきょうだいはほとんど教職という教育一家でした。厳しかった半面、実家に集まれば、毎回笑いの絶えない酒盛りが始まり、物心ついた頃からお酒は楽しいもんだなと思って育ちました。

 父が愛飲していたのは廃業してしまった酒蔵の地元の「うろこ」や勝山の銘酒「御前酒」。よく晩酌していたのを覚えています。僕も「何が好きか」と問われれば、イの一番で挙げるのは日本酒です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る