• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

難病と闘う中高年の星 44マグナム梅原達也の“絶唱”ライブ

「まだまだだ」と、叫び、跳びはねる。若年性パーキンソン病と闘うロッカー、梅原達也(56)が若者たちでごった返す24日の渋谷の夜に登場、メインボーカルを務めるバンド「44マグナム」とステージに上がった。

 会場のライブハウス「スターラウンジ」には、黒革ジャンに長髪、金髪といったスタイルの中高年が長蛇の列をつくった。

「何の騒ぎ?」とクリスマスで浮き立つ通行人の目を引くなか、開場し扉が閉まった途端、世界が変わる。白いスモークと色とりどりのライトの中で梅原は「久しぶりだね。元気?」と客席に語りかけ、「思い切りハメを外してくれ。俺たちもハメ外す」と爆音のギター、ドラムを凌駕するような高音を響かせた。

 パーキンソン病の公表から11年。頭の中に電極を埋め込み、脳神経を制御する大手術に踏み切った昨夏から懸命のリハビリで復活した梅原だが、このところ体調不良が続き、日常生活にも支障が出るような状況だったが、そうした様子はライブではみじんも見せない。ラストの「サティスファクション」まで2時間強、ジャンプしながら歌い切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る