• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

45歳でパーキンソン病に 伝説ロック歌手が語る壮絶闘病

 若年性パーキンソン病のロック歌手、梅原達也さん(56)が8日、東京・高円寺のライブハウスに立ち、自ら立ち上げたバンド「PAUL POSITION」の復活ステージを飾った。

 梅原さんは80年代にメジャーデビューし、X―JAPANなどに多大な影響を及ぼした伝説的バンド「44マグナム」のボーカルとして知られる、中高年世代には懐かしいロッカーだ。それが手の震えなどで日常生活が送れなくなり、進行すると死に至る場合もある難病、パーキンソン病であると公表したのが2006年、45歳のときであった。

■「生きるとは音楽をやること」

「50歳で車いすか寝たきり」と宣告されながらも、通常の20倍もの薬を飲んでステージに立ち続けたが、その反動もあって症状が悪化。体の自由がきかなくなると、頭の中に電極を埋め込み、脳神経を制御する手術に踏み切った。2016年8月のことだ。梅原さんがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事