空前の美少年 12歳の八代目染五郎が演じる義経の神々しさ

公開日: 更新日:

 歌舞伎座は、松本幸四郎家の三代襲名で賑わっている。この家の父子三代が同時に襲名するのは37年ぶり。九代目幸四郎が二代目白鸚に、市川染五郎が十代目幸四郎に、その長男・松本金太郎が八代目染五郎となった。父子で異なる姓を名乗るのは、この家が市川團十郎家と深いつながりがあるからだ。

 この襲名披露の主役は新・幸四郎のはずだが、新・染五郎が際立つ。12歳で中学1年生(3月生まれ)の染五郎は、「空前の美少年」である。月並みな表現になるが、少女漫画の世界から飛び出してきたかのようだ。いや、最近の少女漫画はもっとリアルだから、こんな絵に描いたような美少年は出てこないかもしれない。絵もうまく、歌舞伎の絵を月刊誌に連載しているほどで、さらに芝居の脚本も書く、天才少年でもある。

 その天才美少年が「勧進帳」では父・幸四郎の弁慶の主君である義経を演じている。義経は若くして亡くなっているので「青年」の役だが、歌舞伎では名優クラスが演じることが多く、歌舞伎座での12歳の義経は史上最年少。神々しい義経で、天才美少年は、役者としての存在感も見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る