空前の美少年 12歳の八代目染五郎が演じる義経の神々しさ

公開日: 更新日:

 歌舞伎座は、松本幸四郎家の三代襲名で賑わっている。この家の父子三代が同時に襲名するのは37年ぶり。九代目幸四郎が二代目白鸚に、市川染五郎が十代目幸四郎に、その長男・松本金太郎が八代目染五郎となった。父子で異なる姓を名乗るのは、この家が市川團十郎家と深いつながりがあるからだ。

 この襲名披露の主役は新・幸四郎のはずだが、新・染五郎が際立つ。12歳で中学1年生(3月生まれ)の染五郎は、「空前の美少年」である。月並みな表現になるが、少女漫画の世界から飛び出してきたかのようだ。いや、最近の少女漫画はもっとリアルだから、こんな絵に描いたような美少年は出てこないかもしれない。絵もうまく、歌舞伎の絵を月刊誌に連載しているほどで、さらに芝居の脚本も書く、天才少年でもある。

 その天才美少年が「勧進帳」では父・幸四郎の弁慶の主君である義経を演じている。義経は若くして亡くなっているので「青年」の役だが、歌舞伎では名優クラスが演じることが多く、歌舞伎座での12歳の義経は史上最年少。神々しい義経で、天才美少年は、役者としての存在感も見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  8. 8

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  9. 9

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る