空前の美少年 12歳の八代目染五郎が演じる義経の神々しさ

公開日: 更新日:

 歌舞伎座は、松本幸四郎家の三代襲名で賑わっている。この家の父子三代が同時に襲名するのは37年ぶり。九代目幸四郎が二代目白鸚に、市川染五郎が十代目幸四郎に、その長男・松本金太郎が八代目染五郎となった。父子で異なる姓を名乗るのは、この家が市川團十郎家と深いつながりがあるからだ。

 この襲名披露の主役は新・幸四郎のはずだが、新・染五郎が際立つ。12歳で中学1年生(3月生まれ)の染五郎は、「空前の美少年」である。月並みな表現になるが、少女漫画の世界から飛び出してきたかのようだ。いや、最近の少女漫画はもっとリアルだから、こんな絵に描いたような美少年は出てこないかもしれない。絵もうまく、歌舞伎の絵を月刊誌に連載しているほどで、さらに芝居の脚本も書く、天才少年でもある。

 その天才美少年が「勧進帳」では父・幸四郎の弁慶の主君である義経を演じている。義経は若くして亡くなっているので「青年」の役だが、歌舞伎では名優クラスが演じることが多く、歌舞伎座での12歳の義経は史上最年少。神々しい義経で、天才美少年は、役者としての存在感も見せつけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る