空前の美少年 12歳の八代目染五郎が演じる義経の神々しさ

公開日: 更新日:

 義経がセリフを言うシーンでは客席は静まりかえり、劇場中の視線が集中し、緊張感に満ちていた。息子がこんなに目立っては、幸四郎もうかうかしていられない。

 新橋演舞場は海老蔵が座頭。昼の部で「にらみ」をしてみせる。これを見ると1年間、風邪をひかないという言い伝えのあるものだ。こういう古式ゆかしいものは毎年やって欲しい。

 夜の部は新作「日本むかし話」で、桃太郎、浦島太郎、花咲かじいさん、一寸法師、かぐや姫などがひとつの長い物語になっている。海老蔵の娘・堀越麗禾が「かぐや姫」の役で出演しているのが話題だ。海老蔵家も幸四郎家も、舞台と「家族の物語」がないまぜとなり、観客を楽しませる。これも歌舞伎の魅力のひとつだ。

 国立劇場の「世界花小栗判官」では、座頭の尾上菊五郎が敵役にまわり、菊之助が主人公の小栗判官を演じ、松緑にも一幕が任されている。

 幸四郎、海老蔵、菊之助、松緑という40代の青年役者が前面に立つ年明けだ。
(作家・中川右介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  4. 4

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  5. 5

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

  9. 9

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  10. 10

    定年後の健康保険0円に“秘策” 扶養入りという第4の選択肢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る