綾瀬はるか“王女”を監督絶賛 映画で「史上最高に美しく」

公開日: 更新日:

 綾瀬はるか(32)が18日、映画「今夜、ロマンス劇場で」(2月10日公開、ワーナー・ブラザース映画配給)のジャパンプレミアに出席。

「綾瀬はるかを史上最高に美しく撮りたいと思った」という武内英樹監督の話を受け、「メーキャップも衣装も、きちんと王女に見えるように奇麗に作ってもらった」と笑顔で振り返った。

 今作は、オールド映画のお姫様と映画監督を夢見る青年(坂口健太郎=26)のラブストーリー。そんな物語の内容にちなんで、過去の恋愛傾向について聞かれると「私が振り回しているようで振り回されている。相手の手のひらで転がされてると思う!」と苦笑い。どこぞのヤロウを思い浮かべてたのか気になるところだ。

 この日は本田翼(25)、中尾明慶(29)、石橋杏奈(25)も登壇した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る