ドラマ好調の綾瀬はるかに飛び交う“大人セクシー”待望論

公開日:

「正直ヒヤヒヤもんだったが、ふたを開けてみれば、視聴率2ケタをマーク。“綾瀬ブランド”復活ののろしを上げる作品になるんじゃないか」

 と、胸をなで下ろすのは、さる日本テレビ関係者。初回視聴率11.4%、2回目11.3%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)という及第点の結果を残した綾瀬はるか(32)主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(水曜22時)の評判が上々だ。

 昨年放送した主演作2本、「わたしを離さないで」(TBS系)と、大河ファンタジー「精霊の守り人」(NHK)がともにパッとしなかった綾瀬。ここ最近、好感度は新垣結衣(29)、視聴率は米倉涼子(42)へそれぞれ女王の座を明け渡していただけに、本人の喜びもひとしおだろう。

 今ドラマは、国家の特殊工作員という訳ありの過去を持つセレブ妻(綾瀬)が、近所の主婦たちのトラブルや悩みを解決するアクションコメディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る