ドラマ好調の綾瀬はるかに飛び交う“大人セクシー”待望論

公開日:

「正直ヒヤヒヤもんだったが、ふたを開けてみれば、視聴率2ケタをマーク。“綾瀬ブランド”復活ののろしを上げる作品になるんじゃないか」

 と、胸をなで下ろすのは、さる日本テレビ関係者。初回視聴率11.4%、2回目11.3%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)という及第点の結果を残した綾瀬はるか(32)主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(水曜22時)の評判が上々だ。

 昨年放送した主演作2本、「わたしを離さないで」(TBS系)と、大河ファンタジー「精霊の守り人」(NHK)がともにパッとしなかった綾瀬。ここ最近、好感度は新垣結衣(29)、視聴率は米倉涼子(42)へそれぞれ女王の座を明け渡していただけに、本人の喜びもひとしおだろう。

 今ドラマは、国家の特殊工作員という訳ありの過去を持つセレブ妻(綾瀬)が、近所の主婦たちのトラブルや悩みを解決するアクションコメディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る