綾瀬はるか人気ドラマ 映画化を公表できない“大人の事情”

公開日:

「公開初日まで1カ月半も先なのに、今からテレビCMを打つのは異例。絶対コケられないという覚悟を感じます」(映画ライター)

 正月映画でもないのに、綾瀬はるか(32)主演の映画「今夜、ロマンス劇場で」(2月10日公開、ワーナー・ブラザース映画配給)のCMがテレビでバンバン流れている。坂口健太郎(26)を相手に繰り広げるのは、オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」を彷彿とさせるロマンチック・ラブストーリー。女性やカップルが楽しめること請け合いのデートムービーだ。

 綾瀬は今年、年明け早々に始まったNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2の他、現在放送中の同ドラマの最終章、更に10月期クールはドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)に主演。元特殊工作員のセレブ妻を好演した。このドラマ、作家の金城一紀氏の原案・脚本とあって、スリリングかつ先の読めない展開に引き込まれる視聴者が続出。最終回は視聴率14・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし有終の美を飾った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る