• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綾瀬はるか人気ドラマ 映画化を公表できない“大人の事情”

「公開初日まで1カ月半も先なのに、今からテレビCMを打つのは異例。絶対コケられないという覚悟を感じます」(映画ライター)

 正月映画でもないのに、綾瀬はるか(32)主演の映画「今夜、ロマンス劇場で」(2月10日公開、ワーナー・ブラザース映画配給)のCMがテレビでバンバン流れている。坂口健太郎(26)を相手に繰り広げるのは、オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」を彷彿とさせるロマンチック・ラブストーリー。女性やカップルが楽しめること請け合いのデートムービーだ。

 綾瀬は今年、年明け早々に始まったNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2の他、現在放送中の同ドラマの最終章、更に10月期クールはドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)に主演。元特殊工作員のセレブ妻を好演した。このドラマ、作家の金城一紀氏の原案・脚本とあって、スリリングかつ先の読めない展開に引き込まれる視聴者が続出。最終回は視聴率14・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし有終の美を飾った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る