綾瀬はるか人気ドラマ 映画化を公表できない“大人の事情”

公開日:

「公開初日まで1カ月半も先なのに、今からテレビCMを打つのは異例。絶対コケられないという覚悟を感じます」(映画ライター)

 正月映画でもないのに、綾瀬はるか(32)主演の映画「今夜、ロマンス劇場で」(2月10日公開、ワーナー・ブラザース映画配給)のCMがテレビでバンバン流れている。坂口健太郎(26)を相手に繰り広げるのは、オードリー・ヘプバーンの「ローマの休日」を彷彿とさせるロマンチック・ラブストーリー。女性やカップルが楽しめること請け合いのデートムービーだ。

 綾瀬は今年、年明け早々に始まったNHK大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2の他、現在放送中の同ドラマの最終章、更に10月期クールはドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)に主演。元特殊工作員のセレブ妻を好演した。このドラマ、作家の金城一紀氏の原案・脚本とあって、スリリングかつ先の読めない展開に引き込まれる視聴者が続出。最終回は視聴率14・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし有終の美を飾った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る