日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ショーンK、秋元優里の次は登坂アナ…フジ報道は決壊危機

「今はホリプロ、広告代理店と緊急協議の真っ最中。ショーンKとか、なんでうちばかり“ババ”を掴むんだというのが本音ですが、間違いなく開局以来のピンチ。本当にヤバイ状況です」――。

 フジテレビ局員がこううなだれるのも無理はない。春の大改編を控えるお台場に激震が走っている。26日、フジは4月からスタートする新ニュース番組「プライムニュース」のメインキャスター就任が予定されていた元NHKの“麿”ことフリーアナウンサー、登坂淳一氏(46)の起用を取りやめることを発表した。

 週刊文春が報じた過去のセクハラ問題を受け、登坂アナから出演辞退の申し入れがあったという。そんな不測の事態に、ハチの巣をつついたような騒ぎも当然だろう。

 同誌によると登坂アナはNHK時代の11年6月、番組の打ち上げで女性新人キャスターの体を触ったり、トイレまで追いかけてキスを迫るなどやりたい放題。女性が勇気を振り絞って告発し、登坂アナは厳重注意を受けたという。そんなスネに傷ありの“麿”を新番組MCに起用しようとした結果が、今回のありさまだ。前出のフジ局員が嘆くのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事