ショーンK、秋元優里の次は登坂アナ…フジ報道は決壊危機

公開日:

「今はホリプロ、広告代理店と緊急協議の真っ最中。ショーンKとか、なんでうちばかり“ババ”を掴むんだというのが本音ですが、間違いなく開局以来のピンチ。本当にヤバイ状況です」――。

 フジテレビ局員がこううなだれるのも無理はない。春の大改編を控えるお台場に激震が走っている。26日、フジは4月からスタートする新ニュース番組「プライムニュース」のメインキャスター就任が予定されていた元NHKの“麿”ことフリーアナウンサー、登坂淳一氏(46)の起用を取りやめることを発表した。

 週刊文春が報じた過去のセクハラ問題を受け、登坂アナから出演辞退の申し入れがあったという。そんな不測の事態に、ハチの巣をつついたような騒ぎも当然だろう。

 同誌によると登坂アナはNHK時代の11年6月、番組の打ち上げで女性新人キャスターの体を触ったり、トイレまで追いかけてキスを迫るなどやりたい放題。女性が勇気を振り絞って告発し、登坂アナは厳重注意を受けたという。そんなスネに傷ありの“麿”を新番組MCに起用しようとした結果が、今回のありさまだ。前出のフジ局員が嘆くのも無理はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る