日テレの看板アイドルアナだった永井美奈子は今やセレブ妻

公開日:  更新日:

 1980年代に女子アナブームで独走したフジテレビに続き、日本テレビも90年代からアイドルアナを生み出す。看板はフワフワ系の永井美奈子(52)。

 東京都出身で大学時代にはミス成城大学。日テレに88年に入社、同期には関谷亜矢子、福沢朗らがいる。視聴率で独走するフジテレビの“花の3人娘”(八木亜希子・河野景子・有賀さつき)に対抗し、90年代初頭に故・米森麻美、薮本雅子(49)とアイドルアナユニット「DORA」を結成。ミニの衣装でCDも出した。アイドル図鑑でトップテン入りという快挙も果たした。永井は日テレ内だけに収まらず、女子アナ界のアイドル的な存在だった。

 本業のアナウンサーでは朝の顔になった「ジパングあさ6」や「NNNニュースプラス1」、バラエティーでは「マジカル頭脳パワー!!」で、木村優子に代わり、マジカル・オペレーターを99年の最終回まで務めた。96年にフリーとなったが「マジカル」が人気だったので違和感も騒動もなかった印象。すんなりフリーで成功した例だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る