社長は猛省も身内に甘く フジテレビ不祥事連発の根本原因

公開日:

 慙愧に堪えない表情で「大変、残念に思っている次第であります」と語ったのはフジテレビの宮内正喜社長だ。

 フジテレビは26日、定例社長会見で4月2日からスタートする夕方のニュース番組のメインキャスターに決定していた元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)の降板について、宮内社長が「ご承知の通り、本人から出演を辞退したいという申し出がありました。大変残念に思っている次第であります」とコメント。登坂アナは週刊文春に札幌放送局時代のセクハラ疑惑が報じられ、25日夜に所属事務所のホリプロを通じて降板の申し入れがあったという。

 春から報道番組の「顔」を担うはずの人物が就任発表からわずか10日で降板という緊急事態にフジ局内は大騒ぎになっているが、同じく文春の報道で番組プロデューサーとの不倫が発覚して全番組を降板した秋元優里アナ(34)について宮内社長は「(復帰は)まったく未定」と語るなど、画面に戻すつもりはさらさらない様子。こちらも職責に対する自覚がなさすぎる不祥事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る