社長は猛省も身内に甘く フジテレビ不祥事連発の根本原因

公開日: 更新日:

 慙愧に堪えない表情で「大変、残念に思っている次第であります」と語ったのはフジテレビの宮内正喜社長だ。

 フジテレビは26日、定例社長会見で4月2日からスタートする夕方のニュース番組のメインキャスターに決定していた元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)の降板について、宮内社長が「ご承知の通り、本人から出演を辞退したいという申し出がありました。大変残念に思っている次第であります」とコメント。登坂アナは週刊文春に札幌放送局時代のセクハラ疑惑が報じられ、25日夜に所属事務所のホリプロを通じて降板の申し入れがあったという。

 春から報道番組の「顔」を担うはずの人物が就任発表からわずか10日で降板という緊急事態にフジ局内は大騒ぎになっているが、同じく文春の報道で番組プロデューサーとの不倫が発覚して全番組を降板した秋元優里アナ(34)について宮内社長は「(復帰は)まったく未定」と語るなど、画面に戻すつもりはさらさらない様子。こちらも職責に対する自覚がなさすぎる不祥事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る