• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

社長は猛省も身内に甘く フジテレビ不祥事連発の根本原因

 慙愧に堪えない表情で「大変、残念に思っている次第であります」と語ったのはフジテレビの宮内正喜社長だ。

 フジテレビは26日、定例社長会見で4月2日からスタートする夕方のニュース番組のメインキャスターに決定していた元NHKの登坂淳一アナウンサー(46)の降板について、宮内社長が「ご承知の通り、本人から出演を辞退したいという申し出がありました。大変残念に思っている次第であります」とコメント。登坂アナは週刊文春に札幌放送局時代のセクハラ疑惑が報じられ、25日夜に所属事務所のホリプロを通じて降板の申し入れがあったという。

 春から報道番組の「顔」を担うはずの人物が就任発表からわずか10日で降板という緊急事態にフジ局内は大騒ぎになっているが、同じく文春の報道で番組プロデューサーとの不倫が発覚して全番組を降板した秋元優里アナ(34)について宮内社長は「(復帰は)まったく未定」と語るなど、画面に戻すつもりはさらさらない様子。こちらも職責に対する自覚がなさすぎる不祥事である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る