平昌五輪でファン激増も 韓国ドラマに日本の若者がハマる

公開日: 更新日:

 平昌五輪を来月に控えて日韓関係はかなり微妙だが、意外に元気なのが韓国ドラマで、下火どころか、若者に受けているという。

 地上波ではフジテレビが深夜に放送しているぐらいだが、BSやCSでは韓国ドラマが花盛り。街のレンタルビデオ屋に行けば、韓国ドラマのコーナーは相変わらず大きいスペースを占拠している。

 視聴者層の変化について韓ドラ通がこう語る。

「最近は確実に低年齢化しています。『冬のソナタ』をきっかけにブームが起きた2003~04年ごろは、韓ドラは中高年女性の専売特許。30代のファンでさえ“若い”といわれましたが、今や10代や20代の若い女の子も韓ドラを熱心に視聴している。入り口はK―POPで、東方神起やBIGBANGの音楽を契機に、彼らの出演するドラマにハマっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る