平昌五輪でファン激増も 韓国ドラマに日本の若者がハマる

公開日:

 平昌五輪を来月に控えて日韓関係はかなり微妙だが、意外に元気なのが韓国ドラマで、下火どころか、若者に受けているという。

 地上波ではフジテレビが深夜に放送しているぐらいだが、BSやCSでは韓国ドラマが花盛り。街のレンタルビデオ屋に行けば、韓国ドラマのコーナーは相変わらず大きいスペースを占拠している。

 視聴者層の変化について韓ドラ通がこう語る。

「最近は確実に低年齢化しています。『冬のソナタ』をきっかけにブームが起きた2003~04年ごろは、韓ドラは中高年女性の専売特許。30代のファンでさえ“若い”といわれましたが、今や10代や20代の若い女の子も韓ドラを熱心に視聴している。入り口はK―POPで、東方神起やBIGBANGの音楽を契機に、彼らの出演するドラマにハマっています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る