• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民放は起用に及び腰 草なぎ剛は映画と韓国に活路見出すか

「取りあえず、頑張っていこうと」

 草なぎ剛(43)がジャニーズ退所後、フリーになって初めてのコメントがこれだった。「人生、新しいことに飛び込んでいく時は不安がつきもの。不安をワクワクに変えて楽しみにしようよ。何でも。みんなもね」などと、香取とやっているFM局のラジオ番組で語った。

 草なぎの主戦場は俳優。今後もそれは変わらないだろうが、スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

「民放主要局の連ドラ主演は当面は難しい。例えば『スペシャリスト Specialist』というテレ朝のドラマ。もともとは2時間ドラマだったのですが、草なぎ主演で人気となり、昨年1月に連続ドラマ化された。新感覚刑事ドラマと銘打ち、これまでになかったような演出が話題になったり、ギャラクシー賞にも輝いた。その新シーズンをテレ朝がやるのではとみられていたが、どうも立ち消えになった。理由はもちろん草なぎのジャニーズ退所です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る