• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民放は起用に及び腰 草なぎ剛は映画と韓国に活路見出すか

「取りあえず、頑張っていこうと」

 草なぎ剛(43)がジャニーズ退所後、フリーになって初めてのコメントがこれだった。「人生、新しいことに飛び込んでいく時は不安がつきもの。不安をワクワクに変えて楽しみにしようよ。何でも。みんなもね」などと、香取とやっているFM局のラジオ番組で語った。

 草なぎの主戦場は俳優。今後もそれは変わらないだろうが、スポーツ紙芸能デスクはこう言う。

「民放主要局の連ドラ主演は当面は難しい。例えば『スペシャリスト Specialist』というテレ朝のドラマ。もともとは2時間ドラマだったのですが、草なぎ主演で人気となり、昨年1月に連続ドラマ化された。新感覚刑事ドラマと銘打ち、これまでになかったような演出が話題になったり、ギャラクシー賞にも輝いた。その新シーズンをテレ朝がやるのではとみられていたが、どうも立ち消えになった。理由はもちろん草なぎのジャニーズ退所です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事