オスマン大虐殺を映像化した監督 「迫害はいつも意図的」

公開日: 更新日:

 映画「ホテル・ルワンダ」でルワンダ虐殺を描き、日本でも反響を呼んだテリー・ジョージ監督が、またしても人類の負の歴史に光を当てて話題だ。新作「THE PROMISE/君への誓い」で描いたのは、20世紀最初のジェノサイドと呼ばれ、約150万人もの犠牲者を出したオスマン帝国(現トルコ)によるアルメニア人大虐殺である。 

■「現代のヘイトスピーチにも通じる」

 ――ナチスのホロコースト以前にそんな惨劇があったなんて、初めて知りました。

「私も知ったのが『ホテル・ルワンダ』製作中のことですから、最近と言えなくもありません。でもすぐに、これは語られるべき物語であり、映画にして伝えなければならないと思ったんです。調査に何年もかかったり、資金繰りが大変だったりしましたけど、公開後は『知らなかった』『知って良かった』という声をたくさん聞いて、やはり、作られるべくして作られた作品だったとの思いを新たにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る