オスマン大虐殺を映像化した監督 「迫害はいつも意図的」

公開日:

 映画「ホテル・ルワンダ」でルワンダ虐殺を描き、日本でも反響を呼んだテリー・ジョージ監督が、またしても人類の負の歴史に光を当てて話題だ。新作「THE PROMISE/君への誓い」で描いたのは、20世紀最初のジェノサイドと呼ばれ、約150万人もの犠牲者を出したオスマン帝国(現トルコ)によるアルメニア人大虐殺である。 

■「現代のヘイトスピーチにも通じる」

 ――ナチスのホロコースト以前にそんな惨劇があったなんて、初めて知りました。

「私も知ったのが『ホテル・ルワンダ』製作中のことですから、最近と言えなくもありません。でもすぐに、これは語られるべき物語であり、映画にして伝えなければならないと思ったんです。調査に何年もかかったり、資金繰りが大変だったりしましたけど、公開後は『知らなかった』『知って良かった』という声をたくさん聞いて、やはり、作られるべくして作られた作品だったとの思いを新たにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る