オスマン大虐殺を映像化した監督 「迫害はいつも意図的」

公開日:

 映画「ホテル・ルワンダ」でルワンダ虐殺を描き、日本でも反響を呼んだテリー・ジョージ監督が、またしても人類の負の歴史に光を当てて話題だ。新作「THE PROMISE/君への誓い」で描いたのは、20世紀最初のジェノサイドと呼ばれ、約150万人もの犠牲者を出したオスマン帝国(現トルコ)によるアルメニア人大虐殺である。 

■「現代のヘイトスピーチにも通じる」

 ――ナチスのホロコースト以前にそんな惨劇があったなんて、初めて知りました。

「私も知ったのが『ホテル・ルワンダ』製作中のことですから、最近と言えなくもありません。でもすぐに、これは語られるべき物語であり、映画にして伝えなければならないと思ったんです。調査に何年もかかったり、資金繰りが大変だったりしましたけど、公開後は『知らなかった』『知って良かった』という声をたくさん聞いて、やはり、作られるべくして作られた作品だったとの思いを新たにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る