オスマン大虐殺を映像化した監督 「迫害はいつも意図的」

公開日: 更新日:

 映画「ホテル・ルワンダ」でルワンダ虐殺を描き、日本でも反響を呼んだテリー・ジョージ監督が、またしても人類の負の歴史に光を当てて話題だ。新作「THE PROMISE/君への誓い」で描いたのは、20世紀最初のジェノサイドと呼ばれ、約150万人もの犠牲者を出したオスマン帝国(現トルコ)によるアルメニア人大虐殺である。 

■「現代のヘイトスピーチにも通じる」

 ――ナチスのホロコースト以前にそんな惨劇があったなんて、初めて知りました。

「私も知ったのが『ホテル・ルワンダ』製作中のことですから、最近と言えなくもありません。でもすぐに、これは語られるべき物語であり、映画にして伝えなければならないと思ったんです。調査に何年もかかったり、資金繰りが大変だったりしましたけど、公開後は『知らなかった』『知って良かった』という声をたくさん聞いて、やはり、作られるべくして作られた作品だったとの思いを新たにしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る