セクハラ批判恐れ 米アカデミー賞俳優がプレゼンター辞退

公開日:

 米映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で昨年のアカデミー主演男優賞を取った米俳優ケイシー・アフレック(42)。伝統に従って今年のアカデミー賞では、主演女優にオスカー像を授与するプレゼンターを務める予定だったが、ケイシーは25日、これを辞退すると発表した。

「理由は、過去のセクハラ裁判でしょう。ケイシーは2010年に、映画『容疑者ホアキン・フェニックス』を監督した際、2人の女性スタッフにセクハラをしたとして訴えられた。ケイシーは告発を否定し、示談が成立したため、裁判は取りやめになりましたが、以来“セクハラ男”のレッテルを貼られることに……」(映画ライター)

 昨年のアカデミー賞授賞式では、前年に主演女優賞を取ったブリー・ラーソン(28)が主演男優賞のプレゼンターを務めたが、授与する相手はその“セクハラ男”。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る