セクハラ批判恐れ 米アカデミー賞俳優がプレゼンター辞退

公開日: 更新日:

 米映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」で昨年のアカデミー主演男優賞を取った米俳優ケイシー・アフレック(42)。伝統に従って今年のアカデミー賞では、主演女優にオスカー像を授与するプレゼンターを務める予定だったが、ケイシーは25日、これを辞退すると発表した。

「理由は、過去のセクハラ裁判でしょう。ケイシーは2010年に、映画『容疑者ホアキン・フェニックス』を監督した際、2人の女性スタッフにセクハラをしたとして訴えられた。ケイシーは告発を否定し、示談が成立したため、裁判は取りやめになりましたが、以来“セクハラ男”のレッテルを貼られることに……」(映画ライター)

 昨年のアカデミー賞授賞式では、前年に主演女優賞を取ったブリー・ラーソン(28)が主演男優賞のプレゼンターを務めたが、授与する相手はその“セクハラ男”。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る