映画「愛の病」の熱演が話題 瀬戸さおりに芽生えた“毒女”

公開日: 更新日:

 2002年に起こった「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」を題材にした、映画「愛の病」(公開中)が話題になっている。物語は出会い系サイトで知り合った男からカネを巻き上げ、一目惚れした男との幸せだけを夢見る“毒女”が主人公である。初主演で濡れ場にも挑戦した瀬戸さおり(28)を直撃した。

 ポスターも瀬戸のヌードと刺激的。モデル出身の彼女にとって、迷いはなかったのだろうか。

「初めての挑戦にプレッシャーはありましたが、吉田浩太監督とお仕事させていただきたいと思っていましたし、作品の主人公・エミコとして生きる中で必要なシーンだったので、脱ぐということに迷いはありませんでした。物語が本当にあった事件ということも信じられなかったのですが、“ヤンキーなエミコ像”を外見からつくっていくうちに、共感できる部分が浮き上がってきました。エミコのイメージに合うように髪を赤く染め、私はたばこを吸わないので毎日たばこを持って練習したりしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る