原作が映画賞総ナメ 没後35年“寺山修司ブーム”再燃の理由

公開日:

 短歌、演劇、映画、評論と多彩な活躍をした寺山修司。没後35年を迎え、人気が再燃している。

 昨年公開された寺山原作の映画「あゝ、荒野」(監督=岸善幸)はブルーリボン賞作品賞、日刊スポーツ映画大賞作品賞、毎日映画コンクール日本映画優秀賞を受賞。主演の菅田将暉も日本アカデミー賞優秀主演男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞、トレーナー役のユースケ・サンタマリアがブルーリボン賞助演男優賞を受賞するなど映画賞を総なめにした。

 寺山の生涯を追ったドキュメント映画「あしたはどっちだ、寺山修司」にも多くの若者が詰めかけた。

「あらゆる表現分野で最前衛を走り続け、“書を捨てよ町へ出よう”と若者を挑発した寺山の言葉は、忖度が蔓延し、表現を萎縮させる今の社会で若者に新鮮に受け止められているのでしょう」(演劇ジャーナリスト・山田勝仁氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る