原作が映画賞総ナメ 没後35年“寺山修司ブーム”再燃の理由

公開日: 更新日:

 短歌、演劇、映画、評論と多彩な活躍をした寺山修司。没後35年を迎え、人気が再燃している。

 昨年公開された寺山原作の映画「あゝ、荒野」(監督=岸善幸)はブルーリボン賞作品賞、日刊スポーツ映画大賞作品賞、毎日映画コンクール日本映画優秀賞を受賞。主演の菅田将暉も日本アカデミー賞優秀主演男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞、トレーナー役のユースケ・サンタマリアがブルーリボン賞助演男優賞を受賞するなど映画賞を総なめにした。

 寺山の生涯を追ったドキュメント映画「あしたはどっちだ、寺山修司」にも多くの若者が詰めかけた。

「あらゆる表現分野で最前衛を走り続け、“書を捨てよ町へ出よう”と若者を挑発した寺山の言葉は、忖度が蔓延し、表現を萎縮させる今の社会で若者に新鮮に受け止められているのでしょう」(演劇ジャーナリスト・山田勝仁氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る