小泉今日子とは結婚未定も 気になる豊原功補の“離婚”時期

公開日:

 小泉今日子と不倫関係にあることを公表した豊原功補が都内のスタジオで会見を行ったのは今月3日の夕方のことだった。

 小泉が1日、所属事務所からの独立を発表。ならびに、豊原との不倫を公表。それを受け豊原もコメントを発表した。翌2日、小泉は舞台の稽古前に集まった報道陣に対応したが、豊原も会見をセッティング。「どんな石でも投げつけたい方は僕に投げてください」と自らが矢面に立つ覚悟を口にした。

「すっかり開き直り、妻との離婚話も進まず、小泉と一度も結婚の話をしていないことを明かした。結局、不倫を公表する前と状況は変わらず。豊原は会見中、足を組むなど、前のめりの報道陣が煩わしそうでしたね」(芸能リポーター)

 揚げ句、自身にとっての小泉の存在を「天然記念物みたいな面白い人」との回答ではぐらかした。

 豊原は高校在学中の1982年に俳優デビュー。以来、数多くの作品に出演してきたが、脇役が中心でこれといった代表作はない。そして、気になるのがプライベート。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る