石田ゆり子エッセーが20万部突破 意外な購買層は年下男子

公開日:

 奇跡のアラフィフ、石田ゆり子(48)のエッセー「Lily―日々のカケラ―」(文芸春秋)が今月16日に20万部を突破して話題だ。

 同書は1月29日の発売以来、売り切れ店が続出。特に宣伝もしていないのにたった2週間ほどでこれだけの記録になったのは驚異的、まさにゆり子パワーである。

 本人は、「こんなにたくさんの方に手に取っていただけると思っていませんでしたので、驚いております。派手なことは何もないのですが、正直であることだけを決め事にしてわたしの周りにある大切にしているもの、好きなこと、小さなこだわりなどを書き記しました」とコメントした。

 石田の魅力は、年齢を重ねることを恐れない“脱力スタイル”。20万部を支える購入層は同世代女性にとどまらず、「同世代男性」「年下男性」の支持が高いことも大きい。

 記者も書店で本書を手に取る“20代男性”の姿を数多く見かけている。彼らからすると石田は“恋人にしたいオトナ女子”なのだそう。ゆり子式ナチュラルは中年女性のモテの基準を大きく変えたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る