石田ゆり子エッセーが20万部突破 意外な購買層は年下男子

公開日:

 奇跡のアラフィフ、石田ゆり子(48)のエッセー「Lily―日々のカケラ―」(文芸春秋)が今月16日に20万部を突破して話題だ。

 同書は1月29日の発売以来、売り切れ店が続出。特に宣伝もしていないのにたった2週間ほどでこれだけの記録になったのは驚異的、まさにゆり子パワーである。

 本人は、「こんなにたくさんの方に手に取っていただけると思っていませんでしたので、驚いております。派手なことは何もないのですが、正直であることだけを決め事にしてわたしの周りにある大切にしているもの、好きなこと、小さなこだわりなどを書き記しました」とコメントした。

 石田の魅力は、年齢を重ねることを恐れない“脱力スタイル”。20万部を支える購入層は同世代女性にとどまらず、「同世代男性」「年下男性」の支持が高いことも大きい。

 記者も書店で本書を手に取る“20代男性”の姿を数多く見かけている。彼らからすると石田は“恋人にしたいオトナ女子”なのだそう。ゆり子式ナチュラルは中年女性のモテの基準を大きく変えたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る