BSと合わせ27時間も “五輪専門局”と化したNHKの前のめり

公開日:

 平昌五輪が真っ最中でNHKは“五輪専門チャンネル”になったかのようだ。

 たとえば19日の月曜は9時5分から深夜24時まで12時間48分ほどを編成。競技の順延や合間のニュースの延長などで変更があるとはいえ、連日五輪一色だ。

 NHKのこういった編成は今に始まったわけではないが、今回の平昌は4年前のソチや2年前の夏季大会のリオと違って時差がないから、視聴者が起きている9時から深夜24時の15時間で8割以上五輪だ。合間のニュースでも選手のインタビューをやるから「五輪しかやらないの?」という印象を持つ視聴者もいるだろう。BS―1はさらに五輪だらけで総合と合わせて1日27時間放送なんて日も。

 開幕直前まで盛り上がりに欠けていた割に時差ゼロの効果なのか、開会式が28・5%と高視聴率をはじき、競技の数字もまずまず。週末は土曜正午過ぎからの金メダルを獲得した羽生結弦のフィギュアスケートが33・9%、小平奈緒のスピードスケートが21・4%と高視聴率を連発した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る