BSと合わせ27時間も “五輪専門局”と化したNHKの前のめり

公開日:

 平昌五輪が真っ最中でNHKは“五輪専門チャンネル”になったかのようだ。

 たとえば19日の月曜は9時5分から深夜24時まで12時間48分ほどを編成。競技の順延や合間のニュースの延長などで変更があるとはいえ、連日五輪一色だ。

 NHKのこういった編成は今に始まったわけではないが、今回の平昌は4年前のソチや2年前の夏季大会のリオと違って時差がないから、視聴者が起きている9時から深夜24時の15時間で8割以上五輪だ。合間のニュースでも選手のインタビューをやるから「五輪しかやらないの?」という印象を持つ視聴者もいるだろう。BS―1はさらに五輪だらけで総合と合わせて1日27時間放送なんて日も。

 開幕直前まで盛り上がりに欠けていた割に時差ゼロの効果なのか、開会式が28・5%と高視聴率をはじき、競技の数字もまずまず。週末は土曜正午過ぎからの金メダルを獲得した羽生結弦のフィギュアスケートが33・9%、小平奈緒のスピードスケートが21・4%と高視聴率を連発した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る