• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

BSと合わせ27時間も “五輪専門局”と化したNHKの前のめり

 平昌五輪が真っ最中でNHKは“五輪専門チャンネル”になったかのようだ。

 たとえば19日の月曜は9時5分から深夜24時まで12時間48分ほどを編成。競技の順延や合間のニュースの延長などで変更があるとはいえ、連日五輪一色だ。

 NHKのこういった編成は今に始まったわけではないが、今回の平昌は4年前のソチや2年前の夏季大会のリオと違って時差がないから、視聴者が起きている9時から深夜24時の15時間で8割以上五輪だ。合間のニュースでも選手のインタビューをやるから「五輪しかやらないの?」という印象を持つ視聴者もいるだろう。BS―1はさらに五輪だらけで総合と合わせて1日27時間放送なんて日も。

 開幕直前まで盛り上がりに欠けていた割に時差ゼロの効果なのか、開会式が28・5%と高視聴率をはじき、競技の数字もまずまず。週末は土曜正午過ぎからの金メダルを獲得した羽生結弦のフィギュアスケートが33・9%、小平奈緒のスピードスケートが21・4%と高視聴率を連発した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る