「仕事来ない」と自虐発言 TV解説できない安藤美姫の近況

公開日:

 先日のバラエティー番組で「テレビ解説の仕事が来ない」と自虐的な発言をした安藤美姫(30)。その理由を本人は「解説者としての力量不足」と分析していたが、口さがないネット住民からは「起用されないのは別の理由」「生理的にムリ」とケチョンケチョンに言われてしまっている。

 実際、今回の平昌五輪に解説者としてのオファーはなし。選手としてトリノ、バンクーバーの両五輪を経験し、ソチではテレビ朝日で解説を務めた彼女だが、その役目を今回は織田信成に奪われている。反対に、いつも優等生的な荒川静香は日本テレビのメインキャスターを務めている。

■好感度で損をしている可能性

 だが、安藤が今回の平昌五輪にまったく関わっていないかといったら違う。むしろ、平昌を抱える韓国・江原道の観光広報大使として“オフィシャル”な立場で大会に携わっているのだ。大会直前には崔文洵・江原道知事主催の歓迎レセプションに出席。海外のVIPたちと談笑する姿が目撃された。開会式にも“招待者”として参加している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る