大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「俳優・大杉漣」はなぜ多くの人から愛されたのか?

公開日: 更新日:

 大杉漣さんの訃報には驚いた。突然の逝去だったこともあるが、マスコミはじめネットやSNSなどでも膨大な量の追悼の言葉があふれていたことにさらに驚いた。とくに目を見張ったのが、世代を超えた一般の方々の大きな反応だった。

 大杉さんは、俳優ら業界に携わる者たちに限らず、広く多くの人々から本当に愛されていたのだと思う。なぜか。その理由を考えてみた。

 苦労を重ね今日に至る俳優の地位を築いたこと、〈300の顔をもつ〉ともいわれる芸風の広さ、何より誠実な人柄。いろいろあるが、特筆すべきは、彼の演技の質のことだ。さまざまな役柄を演じるなかで、見る者に強い親近感を抱かせることが多い。

 近年、高倉健さんら銀幕のスターと呼ばれる名優たちの訃報に触れることが続いているが、大杉さんはスター街道まっしぐらではなく、たたき上げのいぶし銀の俳優だ。どちらも同じ「銀」なのが興味深い。見る側からすれば、映画スターには〈遠さ〉があるが、大杉さんには〈近さ〉を感じる。それこそが俳優・大杉漣の愛されるゆえんなのだと思う。今はスクリーンやテレビ画面の向こう側にいる俳優と世間の距離も、むかしよりずっと近い。そういう時代の空気も彼の人気を後押ししたように思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る