大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「俳優・大杉漣」はなぜ多くの人から愛されたのか?

公開日:

 大杉漣さんの訃報には驚いた。突然の逝去だったこともあるが、マスコミはじめネットやSNSなどでも膨大な量の追悼の言葉があふれていたことにさらに驚いた。とくに目を見張ったのが、世代を超えた一般の方々の大きな反応だった。

 大杉さんは、俳優ら業界に携わる者たちに限らず、広く多くの人々から本当に愛されていたのだと思う。なぜか。その理由を考えてみた。

 苦労を重ね今日に至る俳優の地位を築いたこと、〈300の顔をもつ〉ともいわれる芸風の広さ、何より誠実な人柄。いろいろあるが、特筆すべきは、彼の演技の質のことだ。さまざまな役柄を演じるなかで、見る者に強い親近感を抱かせることが多い。

 近年、高倉健さんら銀幕のスターと呼ばれる名優たちの訃報に触れることが続いているが、大杉さんはスター街道まっしぐらではなく、たたき上げのいぶし銀の俳優だ。どちらも同じ「銀」なのが興味深い。見る側からすれば、映画スターには〈遠さ〉があるが、大杉さんには〈近さ〉を感じる。それこそが俳優・大杉漣の愛されるゆえんなのだと思う。今はスクリーンやテレビ画面の向こう側にいる俳優と世間の距離も、むかしよりずっと近い。そういう時代の空気も彼の人気を後押ししたように思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る