• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

「俳優・大杉漣」はなぜ多くの人から愛されたのか?

 大杉漣さんの訃報には驚いた。突然の逝去だったこともあるが、マスコミはじめネットやSNSなどでも膨大な量の追悼の言葉があふれていたことにさらに驚いた。とくに目を見張ったのが、世代を超えた一般の方々の大きな反応だった。

 大杉さんは、俳優ら業界に携わる者たちに限らず、広く多くの人々から本当に愛されていたのだと思う。なぜか。その理由を考えてみた。

 苦労を重ね今日に至る俳優の地位を築いたこと、〈300の顔をもつ〉ともいわれる芸風の広さ、何より誠実な人柄。いろいろあるが、特筆すべきは、彼の演技の質のことだ。さまざまな役柄を演じるなかで、見る者に強い親近感を抱かせることが多い。

 近年、高倉健さんら銀幕のスターと呼ばれる名優たちの訃報に触れることが続いているが、大杉さんはスター街道まっしぐらではなく、たたき上げのいぶし銀の俳優だ。どちらも同じ「銀」なのが興味深い。見る側からすれば、映画スターには〈遠さ〉があるが、大杉さんには〈近さ〉を感じる。それこそが俳優・大杉漣の愛されるゆえんなのだと思う。今はスクリーンやテレビ画面の向こう側にいる俳優と世間の距離も、むかしよりずっと近い。そういう時代の空気も彼の人気を後押ししたように思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  5. 5

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る