• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8000万円を9年で完済 急逝の大杉漣さん“名脇役”の働きぶり

 21日に急性心不全のため亡くなった大杉漣さん(享年66)。現在放送中の連続ドラマ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京)に出演し、前日20日まで撮影していた。名バイプレーヤーの突然の訃報に、芸能界は衝撃に包まれている。

 大杉さんは明大中退後の1973年に舞台デビュー。長い下積み時代を経て、93年に北野武監督の映画「ソナチネ」で暴力団幹部役を熱演。それから数々の連ドラや映画に出演し、その出演数の多さから「300の顔を持つ男」と呼ばれた。

 驚くのはそんな大杉さんの“稼ぎ”だ。大杉さんは82年に結婚し、長男と長女を授かった。01年には渋谷区の一等地に土地と建物を合わせて約8000万円の豪邸を購入し、9年でローンを完済。有名俳優とはいえ、脇役は脇役。そんなに儲かるのか。

「劇団で鍛えられた大杉さんはセリフを覚えるのに苦労しないし、若手俳優のように一から演技指導する必要もない。テレビや映画にとってありがたい存在だったはずです。ドラマ1本当たりの出演料は30万円程度といわれていますが、主演と違い、出番やセリフが少ないため、拘束時間は短い。だから1カ月にドラマや映画を2本、3本掛け持ちすることができたはずです。ドラマの宣伝のためにバラエティー番組に出演することもあり、こちらの出演料は2時間で50万円ほど。『大東建託』などのCM出演もあったから、8000万円のローン返済は、それほど大変ではなかったはずです」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

もっと見る