8000万円を9年で完済 急逝の大杉漣さん“名脇役”の働きぶり

公開日:

 21日に急性心不全のため亡くなった大杉漣さん(享年66)。現在放送中の連続ドラマ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京)に出演し、前日20日まで撮影していた。名バイプレーヤーの突然の訃報に、芸能界は衝撃に包まれている。

 大杉さんは明大中退後の1973年に舞台デビュー。長い下積み時代を経て、93年に北野武監督の映画「ソナチネ」で暴力団幹部役を熱演。それから数々の連ドラや映画に出演し、その出演数の多さから「300の顔を持つ男」と呼ばれた。

 驚くのはそんな大杉さんの“稼ぎ”だ。大杉さんは82年に結婚し、長男と長女を授かった。01年には渋谷区の一等地に土地と建物を合わせて約8000万円の豪邸を購入し、9年でローンを完済。有名俳優とはいえ、脇役は脇役。そんなに儲かるのか。

「劇団で鍛えられた大杉さんはセリフを覚えるのに苦労しないし、若手俳優のように一から演技指導する必要もない。テレビや映画にとってありがたい存在だったはずです。ドラマ1本当たりの出演料は30万円程度といわれていますが、主演と違い、出番やセリフが少ないため、拘束時間は短い。だから1カ月にドラマや映画を2本、3本掛け持ちすることができたはずです。ドラマの宣伝のためにバラエティー番組に出演することもあり、こちらの出演料は2時間で50万円ほど。『大東建託』などのCM出演もあったから、8000万円のローン返済は、それほど大変ではなかったはずです」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る