碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

出ているだけで「一見の価値」だった大杉漣さんの存在感

公開日:

 大杉漣さんが亡くなった。「バイプレイヤーズ」のロケ先でのことだ。ふと、「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)の野際陽子さんを思い出した。お2人とも最後まで俳優であり女優だったのだ。

 昨年登場したシーズン1は衝撃的だった。大杉漣、遠藤憲一、松重豊、寺島進、光石研、田口トモロヲ。いずれも脇役でありながら、時には主役を“食っちゃう”実力派俳優たちが、シェアハウスで共同生活を送る。しかも大杉は「大杉漣」を、遠藤は「遠藤憲一」を演じる“ひねり技”だ。

 今期も負けてはいない。寺島を除く5人が、テレ東初の朝ドラ「しまっこさん」(ヒロイン役は本田望結)に出演するという設定からして笑える。初回ではロケ先の無人島に大杉のクルーザーで向かい、ロケ現場とは反対側の浜に着いてしまったことで大騒ぎ。第2話以降は脇役からエキストラへと降格された5人と、吉田羊や平泉成などゲストとのからみがおかしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る