サッカーと波乗り満喫 大杉漣さんが愛した九十九里の別荘

公開日:  更新日:

 千葉県九十九里の某所。海辺まで徒歩5分のところに、先日、急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)はささやかな別荘を構えていた。

「有名人ですがとても気さくで、地元のお店でも仲間の方とワイワイ飲んで食べて盛り上がっていらっしゃった。亡くなったと聞いてもまだ信じられません」(近隣住民)

 大杉さんは05年公開の主演映画「Life on the Longboard」で、定年退職後に種子島に渡ってサーフィンを始めた男性を演じたことをきっかけにプライベートでもサーフィンにハマった。

 その後、趣味のサッカーとサーフィンを楽しむため、都心からでも車で2時間ほどで、いい波が立つ九十九里の地に別荘を建てた。地元のデザイナーに設計を依頼したこの2階建ては敷地100坪ほど。前庭にはサッカーやBBQを楽しめる広い芝生があり、屋内には卓球台もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る