• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サッカーと波乗り満喫 大杉漣さんが愛した九十九里の別荘

 千葉県九十九里の某所。海辺まで徒歩5分のところに、先日、急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)はささやかな別荘を構えていた。

「有名人ですがとても気さくで、地元のお店でも仲間の方とワイワイ飲んで食べて盛り上がっていらっしゃった。亡くなったと聞いてもまだ信じられません」(近隣住民)

 大杉さんは05年公開の主演映画「Life on the Longboard」で、定年退職後に種子島に渡ってサーフィンを始めた男性を演じたことをきっかけにプライベートでもサーフィンにハマった。

 その後、趣味のサッカーとサーフィンを楽しむため、都心からでも車で2時間ほどで、いい波が立つ九十九里の地に別荘を建てた。地元のデザイナーに設計を依頼したこの2階建ては敷地100坪ほど。前庭にはサッカーやBBQを楽しめる広い芝生があり、屋内には卓球台もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る