• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

R-1優勝の濱田祐太郎 「24時間マラソン」にラブコール?

「笑顔が一番苦手や~」と、戸惑いながらもカメラマンのリクエストに応じる姿が印象的だった。

 ピン芸人日本一を決める「R―1ぐらんぷり 2018」の決勝戦が6日カンテレ・フジテレビ系で生放送され、3795人の頂点に輝いたのが“全盲ネタ”の漫談家・濱田祐太郎(28)である。

 生まれつき全盲に近い弱視というハンディキャップを笑いに変え、“視覚障害者あるある”の日常をユーモアたっぷりに披露するネタが身上。決勝戦では賞金500万円を手にした暁には「プリウスを買う! メガネを買う!」などと笑いを誘っていたが、放送直後に行われた優勝記者会見では前言撤回。実に堅実なコメントが飛び出した。

「貯金します! 3Dテレビやメガネは考えますが、高額なクルマは買いません(苦笑)」

 NSC(吉本総合芸能学院)の大阪校在籍から6年。同大会で優勝最右翼と目されていた同期で売れっ子のゆりやんレトリィバァ(27)を破っての大金星となった。今後出演したい番組について質問が飛ぶと、「ボケますよ!」と牽制し、こう答えた。

「『24時間テレビ』のチャリティーマラソンですかね。僕が募金箱を持って走ったら、結構募金が集まると思うんです!」

 よもやのラブコール。日本テレビはどうする!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る