てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

本気でふざける「熱いバカ」 古田新太の揺るがない信念

公開日:

「割れない瓦を割ろうとして、腕折ってるほうが面白い」(古田新太/TBS「オー!!マイ神様!!」2月26日放送)

 古田新太(52)は小さい頃からハードロックが好きだった。中でもKISSに憧れた。彼らのアルバムタイトル「Hotter Than Hell(地獄より熱く)」が座右の銘だという。しらけている方がカッコいいと思ってしまうことがあるが、熱いほうが面白いのだという意味で語った言葉を今週は取り上げたい。

 古田がKISSと同じくらい憧れたのは、ジャイアント馬場だった。ロックミュージシャンか、プロレスラーになりたい。そんな夢を抱いていた古田は小学校の行事でミュージカルを見た。

 初めは「退屈だなあ」などと思っていたものの、役者たちは花屋や弁護士などを自由に演じていた。そうか、ここならミュージシャンにもプロレスラーにも自由になれるんだ! そうして古田はミュージカル俳優を志した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る