西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

芸能界では誰も「ビートたけし面白くない」とは言えない

公開日: 更新日:

テレビ以外の食いぶちがあれば干されるのを恐れる必要ない

 大人は自由にモノを言わない。サラリーマンだったら、アホな上司の批判はグッとのみ込む。芸能人も同じだ。いろんな方面に気を使い、当たり障りのない発言でお茶を濁す人が多い。西野さんはちょっと違う。考えを正直に発信し、やりたいことを貫く。強さの秘密は何だろう?

  ◇  ◇  ◇

 僕はサラリーマンを経験していないので、正確ではないですけど、たぶん芸能界もいろいろな企業も内容は一緒で、やっぱり村社会ではないでしょうか。例えば、芸能界では誰も「ビートたけし面白くない」とは言えないと思います。僕、面白くないと言っているわけじゃないですよ、例えです。感性は人それぞれなのに、誰ひとりいないじゃないですか。

 それはなんでかというと、芸能界は個人競技ではなくて団体競技なんですよ。バラエティーひとつとっても、MCの方とディレクターさん、プロデューサーさんはやっぱり仲がいい。共演しているタレントさんもそう。そこにゲストでポンとひとり若手が入った時に、みんなが右って言っているのに自分だけ左って言うのは、あんまり許されない。許されないというか、言ってもパンとはじかれて終わるだけで結局、芸能界も企業も村社会だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る