西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

芸能界では誰も「ビートたけし面白くない」とは言えない

公開日: 更新日:

テレビ以外の食いぶちがあれば干されるのを恐れる必要ない

 大人は自由にモノを言わない。サラリーマンだったら、アホな上司の批判はグッとのみ込む。芸能人も同じだ。いろんな方面に気を使い、当たり障りのない発言でお茶を濁す人が多い。西野さんはちょっと違う。考えを正直に発信し、やりたいことを貫く。強さの秘密は何だろう?

  ◇  ◇  ◇

 僕はサラリーマンを経験していないので、正確ではないですけど、たぶん芸能界もいろいろな企業も内容は一緒で、やっぱり村社会ではないでしょうか。例えば、芸能界では誰も「ビートたけし面白くない」とは言えないと思います。僕、面白くないと言っているわけじゃないですよ、例えです。感性は人それぞれなのに、誰ひとりいないじゃないですか。

 それはなんでかというと、芸能界は個人競技ではなくて団体競技なんですよ。バラエティーひとつとっても、MCの方とディレクターさん、プロデューサーさんはやっぱり仲がいい。共演しているタレントさんもそう。そこにゲストでポンとひとり若手が入った時に、みんなが右って言っているのに自分だけ左って言うのは、あんまり許されない。許されないというか、言ってもパンとはじかれて終わるだけで結局、芸能界も企業も村社会だと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る