• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

太田光代さんに憧れ おかもとまり語るタレント引退の真意

 広末涼子のモノマネでブレークしたバラドルのおかもとまりさん(28)。5日にアップしたブログで「芸能界引退」を公表して“時の人”だが、その真意を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 まず、たくさんの方々にブログやツイッターをご覧いただいたことにお礼申し上げます。想定以上の反響の大きさに改めて驚いています。

「タレントとしては引退します! 創る側、(株)minto.代表として懸命に頑張ります!」とSNSに書いたのが今、お伝えできることの全てで、詳細は夏か秋にきちんとご報告したいと思っています。

 ただ、これから目指すことは私が中学生の時に受けたイジメが根底にあるんです。信頼していた友人が陰で私の悪口を言ってることを知り、人間不信から対人恐怖症になったのがきっかけでした。対人恐怖症は、常にだれかといると不安を感じて緊張したり、「軽蔑されているのではないか」「不快感を与えているのではないか」と過度に心配してしまう精神的な障害です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る