• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大杉漣さんの遺作「バイプレイヤーズ」最終回が有終の美

 これを“神回”と言わずして何と言おう。7日放送の「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」(テレビ東京系)である。先月、急逝した大杉漣さんが死の直前までロケに参加していたドラマで、大杉の撮影シーンは残っていたものの、急きょ台本を差し替えての放送となった。

 最終回では亀の着ぐるみを着たおちゃめな姿、ドラム缶風呂に入ってご機嫌な姿、撮影の合間にギターやハーモニカで演奏する姿、メーキングやプライベート映像も交え、いろんな大杉さんが見られたのがうれしい。「大杉漣記念館」をつくるネタもあり、悲しい気持ちも吹っ飛ぶほど大いに笑い、楽しめた。

「おそらく大杉さんの死後に撮影されたと思われる場面で、共演者が明るく振る舞いながらも寂しげに見えるのは気のせいではないと思います。みんなつらいのに大杉さんのため、一丸となって明るく送り出そうという気持ちが痛いほど伝わりました。ドラマの中で出演者とスタッフ、視聴者がひとつになって野辺の送りをしているみたいでした」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る