• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「何でもやる自分愛おしい」大杉漣が語っていた“脇役魂”

 あまりの突然のことに、誰もが耳を疑った大杉漣さんの死。日刊ゲンダイは2年前に二階堂ふみとのダブル主演映画「蜜のあわれ」が公開された時に「300の顔を持つ男の矜持(きょうじ)」というタイトルで連載を行った。取材の間もサービス精神旺盛に明るく、なんでも答えてくれた。

 印象的だったのは大杉さんが出演した作品数を聞いた時。いわく「少なく見積もったとしても400本は超えていると思います」とし、「まあ、僕が死んだら、どなたかこっそり数えてみてください」と笑いながら語ってくれた。

 役柄は、ありとあらゆるというしかない。しかも「極悪人だろうが、オカマちゃんだろうが、『蜜のあわれ』の金魚を擬人化して愛してしまう老作家だろうが、仕事のオファーを頂いて、『やります』っていう自分を、実は愛おしいと思っています」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る