「何でもやる自分愛おしい」大杉漣が語っていた“脇役魂”

公開日:  更新日:

 あまりの突然のことに、誰もが耳を疑った大杉漣さんの死。日刊ゲンダイは2年前に二階堂ふみとのダブル主演映画「蜜のあわれ」が公開された時に「300の顔を持つ男の矜持(きょうじ)」というタイトルで連載を行った。取材の間もサービス精神旺盛に明るく、なんでも答えてくれた。

 印象的だったのは大杉さんが出演した作品数を聞いた時。いわく「少なく見積もったとしても400本は超えていると思います」とし、「まあ、僕が死んだら、どなたかこっそり数えてみてください」と笑いながら語ってくれた。

 役柄は、ありとあらゆるというしかない。しかも「極悪人だろうが、オカマちゃんだろうが、『蜜のあわれ』の金魚を擬人化して愛してしまう老作家だろうが、仕事のオファーを頂いて、『やります』っていう自分を、実は愛おしいと思っています」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る