• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たけしは離婚も視野に 独立は愛人へ“遺産相続スキーム”か

「こうなる日が来ると思っていました。たけし軍団や事務所は彼女に負けたってことでしょうね」

 そう話すのは、ビートたけし(71)と長年親交があったテレビ局関係者。3月いっぱいで事務所を退社し、独立するのは、ある意味で必然だったという。

「彼女とは、たけしさんが2014年から交際を始めた愛人のA子さん。50代で黒木瞳さん似の美人です。たけしさんは周囲に“死ぬ前に彼女と一緒になりたい”と漏らし、M夫人との離婚をチラつかせるほどゾッコンでした。長年、苦楽を共にした軍団や事務所スタッフにとっては、殿を愛人に寝取られた感じでしょう」(前出のテレビ局関係者)

 1988年に太田プロを独立して以来、マネジメントだけでなく映画製作までフォローし続けた「オフィス北野」。文字通り二人三脚で歩んできた両者が、たった一人の女性が原因とは、にわかに信じがたいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事