独立のビートたけし 愛人との再出発と”終活”宣言の波紋

公開日:

「オレが辞めちゃうと、コイツら食えなくなっちゃうからさ」――。3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立するビートたけし(71)はかつて、そう漏らしていたそうだ。ある制作会社幹部が言う。

「オフィス北野には実質フリーターの中年や、カラオケやダーツなどの飲食店経営が本業のようなシニアがいたり、たけし映画のチョイ役くらいしか仕事のない役者が少なくないですからね。たけしさんには取り巻きがたくさんいて、行く先々にゾロゾロと引き連れていますが、彼らを従えているというより、彼らがぶらさがっているというのが実際で、たけしさんがひとりで大所帯を食わしているようなものです。

 たけしさんはいつでもチップや小遣いを渡せるよう、1万円札の札束を入れた袋を持っていて、飲食店の給仕アルバイトにもあげたりしている。そういうことを、ずっと長いことやってきたんです。今年で事務所設立から30年の節目ということもあり、もう疲れたよ、ということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る