独立のビートたけし 愛人との再出発と”終活”宣言の波紋

公開日:

「オレが辞めちゃうと、コイツら食えなくなっちゃうからさ」――。3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」を退社し、独立するビートたけし(71)はかつて、そう漏らしていたそうだ。ある制作会社幹部が言う。

「オフィス北野には実質フリーターの中年や、カラオケやダーツなどの飲食店経営が本業のようなシニアがいたり、たけし映画のチョイ役くらいしか仕事のない役者が少なくないですからね。たけしさんには取り巻きがたくさんいて、行く先々にゾロゾロと引き連れていますが、彼らを従えているというより、彼らがぶらさがっているというのが実際で、たけしさんがひとりで大所帯を食わしているようなものです。

 たけしさんはいつでもチップや小遣いを渡せるよう、1万円札の札束を入れた袋を持っていて、飲食店の給仕アルバイトにもあげたりしている。そういうことを、ずっと長いことやってきたんです。今年で事務所設立から30年の節目ということもあり、もう疲れたよ、ということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る