安室奈美恵の中国公演 アジア全土からアムラー集結の熱狂

公開日: 更新日:

 昨年秋、突然の引退を発表した安室奈美恵(40)のラストツアーが始まっている。

 今までライブに行っていたファンの間ですらチケットは入手困難で、プレミアどころか、もはや幻状態。それでも最後のパフォーマンスを目に焼き付けたい本紙アラフォー女子記者は一縷の望みをかけ、抽選を申し込んだところ、辛うじて中国・深セン公演の初日(3月17日)に当選。ライブ現場に飛んだ。

 アジアツアーは台湾、香港、深センの3都市で開催されるが、中でも比較的倍率が低かったのが深セン。チケットが高額なうえ、台湾などに比べて日本人には馴染みがないからだという。日本人参加者に聞いたところ、国内公演の抽選は全滅、どうしても安室を見たくて“おひとりさま”で海を渡った“アラフォー女子”が多かった。まさに音楽、ファッション、メーク、ライフスタイルまで安室に影響された同世代の女性たちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る