安室奈美恵の中国公演 アジア全土からアムラー集結の熱狂

公開日:

 昨年秋、突然の引退を発表した安室奈美恵(40)のラストツアーが始まっている。

 今までライブに行っていたファンの間ですらチケットは入手困難で、プレミアどころか、もはや幻状態。それでも最後のパフォーマンスを目に焼き付けたい本紙アラフォー女子記者は一縷の望みをかけ、抽選を申し込んだところ、辛うじて中国・深セン公演の初日(3月17日)に当選。ライブ現場に飛んだ。

 アジアツアーは台湾、香港、深センの3都市で開催されるが、中でも比較的倍率が低かったのが深セン。チケットが高額なうえ、台湾などに比べて日本人には馴染みがないからだという。日本人参加者に聞いたところ、国内公演の抽選は全滅、どうしても安室を見たくて“おひとりさま”で海を渡った“アラフォー女子”が多かった。まさに音楽、ファッション、メーク、ライフスタイルまで安室に影響された同世代の女性たちである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る