安室奈美恵アジア公演で感じた日本とは違う“ファン文化”

公開日:

 昨年秋、突然の引退を発表し、ラストツアーを敢行中の安室奈美恵(40)。最後のパフォーマンスを目に焼き付けようとするファンのチケット争奪戦をくぐりぬけ、辛うじてアジアツアー初日の中国・深セン公演(3月17日)に当選した日刊ゲンダイアラフォー女子記者がライブ現場に飛んだ――。

■日本式ビジネスモデルが通用しない

 ライブ会場のある深センベイスポーツセンターのあたりは繁華街から少し離れたベイフロント。超近代的な建物やタワーマンションの建設ラッシュで日本の有明にそっくりだ。

 ここではツアーグッズの販売はナシ。ツアーグッズはファンクラブサイトから購入するしかない。理由は“横流し”と“パクリ”にあるらしい。アパレル関係者は「ツアーグッズなんて内部の人に箱ごと横流しされますよ。パクリも日常茶飯事ですから、会場販売すれば“どうぞパクってください”というようなもの。翌日にはコピー品が並びます」という。グッズ販売で儲ける日本式ビジネスモデルが全く通用しないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る