安室奈美恵アジア公演で感じた日本とは違う“ファン文化”

公開日:

 昨年秋、突然の引退を発表し、ラストツアーを敢行中の安室奈美恵(40)。最後のパフォーマンスを目に焼き付けようとするファンのチケット争奪戦をくぐりぬけ、辛うじてアジアツアー初日の中国・深セン公演(3月17日)に当選した日刊ゲンダイアラフォー女子記者がライブ現場に飛んだ――。

■日本式ビジネスモデルが通用しない

 ライブ会場のある深センベイスポーツセンターのあたりは繁華街から少し離れたベイフロント。超近代的な建物やタワーマンションの建設ラッシュで日本の有明にそっくりだ。

 ここではツアーグッズの販売はナシ。ツアーグッズはファンクラブサイトから購入するしかない。理由は“横流し”と“パクリ”にあるらしい。アパレル関係者は「ツアーグッズなんて内部の人に箱ごと横流しされますよ。パクリも日常茶飯事ですから、会場販売すれば“どうぞパクってください”というようなもの。翌日にはコピー品が並びます」という。グッズ販売で儲ける日本式ビジネスモデルが全く通用しないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る