• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安室奈美恵アジア公演で感じた日本とは違う“ファン文化”

 昨年秋、突然の引退を発表し、ラストツアーを敢行中の安室奈美恵(40)。最後のパフォーマンスを目に焼き付けようとするファンのチケット争奪戦をくぐりぬけ、辛うじてアジアツアー初日の中国・深セン公演(3月17日)に当選した日刊ゲンダイアラフォー女子記者がライブ現場に飛んだ――。

■日本式ビジネスモデルが通用しない

 ライブ会場のある深センベイスポーツセンターのあたりは繁華街から少し離れたベイフロント。超近代的な建物やタワーマンションの建設ラッシュで日本の有明にそっくりだ。

 ここではツアーグッズの販売はナシ。ツアーグッズはファンクラブサイトから購入するしかない。理由は“横流し”と“パクリ”にあるらしい。アパレル関係者は「ツアーグッズなんて内部の人に箱ごと横流しされますよ。パクリも日常茶飯事ですから、会場販売すれば“どうぞパクってください”というようなもの。翌日にはコピー品が並びます」という。グッズ販売で儲ける日本式ビジネスモデルが全く通用しないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る