• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本妻が“逆襲” たけしを巡る「女たちのアウトレイジ」勃発

 ビートたけし(71)の事務所独立劇は、“本妻”の逆襲に注目が集まり始めている。たけしは18歳年下の愛人と報じられる女性パートナーA子さん(53)との新事務所「T.Nゴン」で再出発することをテレビや新聞のインタビューで明かしているが、本妻である幹子夫人(66)も納得ずくの「終活」宣言というわけではないというのだ。

 幹子夫人は元漫才師で、たけしはツービート時代の1978年に知り合い同棲。81年に長男、82年に長女が生まれ、83年に入籍したという。たけしが駆け出しの頃は近所のスナックでアルバイトをして家計を支えた糟糠の妻で、売れてからも、北野家の家計と財産管理を一手に担ってきたことで知られている。

「たけしさんは家に帰らないことをテレビなどでネタにしていますが、公然と愛人をつくって“火宅の人”状態なのを幹子さんは黙って認めてきたわけではありません。毎週金曜日は夫婦で食事を共にするとか、決めごとがあり、それにたけしさんも忙しい時間を縫って、従ってきたんです。1月18日のたけしさんの誕生日には、たけし軍団のお弟子さんも招いて内々の誕生パーティーを開く。幹子さんは手料理でもてなし、最後に見送る役目だったのです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事