二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

「石原軍団」になれなかった「たけし軍団」の唯一の誤算

公開日:

 芸能界の独立話が後を絶たないなか、ビートたけし(71)も独立する。88年に自身が立ち上げた「オフィス北野」を退社。すでに設立している「T、Nゴン」で活動する。

 30年間に渡りたけしを支えてきた森昌行社長(65)と別れ、「愛人」と言われている女性を新たなビジネスパートナーに小説や絵を中心にした仕事に取り組むと見られている。特に小説は、又吉直樹の直木賞が刺激になり意欲を燃やしているという。仕事の方向転換には別な見方もある。

「テレビのレギュラーや映画の仕事も徐々に減らし、小説など家でできる仕事をすることで愛人と過ごせる時間も増やすのでは」(テレビ関係者)

 芸能界の独立は出ていく者に試練が待っているのが相場だが、今回は逆。たけしの新たな旅立ちは準備万端。さらなる期待の声も多いが、残る「たけし軍団」には一抹の不安がよぎる。80年代初期にたけしのファンやタレント志望の若者がたけしを慕い集まって結成された「たけし軍団」。当時は「石原軍団」のパロディーとも言われたが、たけしを「殿」と呼び、男の絆と結束力はマジだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る