• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

「石原軍団」になれなかった「たけし軍団」の唯一の誤算

 芸能界の独立話が後を絶たないなか、ビートたけし(71)も独立する。88年に自身が立ち上げた「オフィス北野」を退社。すでに設立している「T、Nゴン」で活動する。

 30年間に渡りたけしを支えてきた森昌行社長(65)と別れ、「愛人」と言われている女性を新たなビジネスパートナーに小説や絵を中心にした仕事に取り組むと見られている。特に小説は、又吉直樹の直木賞が刺激になり意欲を燃やしているという。仕事の方向転換には別な見方もある。

「テレビのレギュラーや映画の仕事も徐々に減らし、小説など家でできる仕事をすることで愛人と過ごせる時間も増やすのでは」(テレビ関係者)

 芸能界の独立は出ていく者に試練が待っているのが相場だが、今回は逆。たけしの新たな旅立ちは準備万端。さらなる期待の声も多いが、残る「たけし軍団」には一抹の不安がよぎる。80年代初期にたけしのファンやタレント志望の若者がたけしを慕い集まって結成された「たけし軍団」。当時は「石原軍団」のパロディーとも言われたが、たけしを「殿」と呼び、男の絆と結束力はマジだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る