二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

「石原軍団」になれなかった「たけし軍団」の唯一の誤算

公開日:

 芸能界の独立話が後を絶たないなか、ビートたけし(71)も独立する。88年に自身が立ち上げた「オフィス北野」を退社。すでに設立している「T、Nゴン」で活動する。

 30年間に渡りたけしを支えてきた森昌行社長(65)と別れ、「愛人」と言われている女性を新たなビジネスパートナーに小説や絵を中心にした仕事に取り組むと見られている。特に小説は、又吉直樹の直木賞が刺激になり意欲を燃やしているという。仕事の方向転換には別な見方もある。

「テレビのレギュラーや映画の仕事も徐々に減らし、小説など家でできる仕事をすることで愛人と過ごせる時間も増やすのでは」(テレビ関係者)

 芸能界の独立は出ていく者に試練が待っているのが相場だが、今回は逆。たけしの新たな旅立ちは準備万端。さらなる期待の声も多いが、残る「たけし軍団」には一抹の不安がよぎる。80年代初期にたけしのファンやタレント志望の若者がたけしを慕い集まって結成された「たけし軍団」。当時は「石原軍団」のパロディーとも言われたが、たけしを「殿」と呼び、男の絆と結束力はマジだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る