• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ森田剛と再婚? “恋多き女”宮沢りえの「男の履歴書」

「すったもんだがありました」――。宮沢りえ(44)が缶チューハイのCMでこんな自虐的なセリフを口にしたのは貴花田(当時)との婚約、破局騒動の翌年の94年のことだった。それから約四半世紀。この間も“すったもんだ”だらけだった宮沢が先週16日にV6の森田剛(39)との再婚を発表した。

 18日、都内で行われたサントリー緑茶「伊右衛門」新CM発表会。本木雅弘(52)、元SMAPの草彅剛(43)らと登場した宮沢はCM内では夫役の本木から「このたび、私の『妻』が世間を相当ざわつかせておりまして。おかげさまで多くのご祝福をいただきまして、妻にかわってお礼を申し上げます」と祝福されると、「ありがとうございます」とはにかんだ笑顔を見せた。

 しかしながら、宮沢といえば数々の男たちと浮名を流してきた恋多き女。「なんで森田だったんだ?」という声が、長く宮沢を取材しているマスコミや関係者から聞こえてくるのである。振り返れば、かつて「世紀の結婚」と騒がれた貴花田にはじまり、ビートたけし、中村勘三郎、市川右近、市川海老蔵、中田英寿、ISSA……と噂になった男はとうてい片手では足りず。さらに宝石デザイナー、劇作家ときて、離婚した元夫は元プロサーファーで実業家。そしてたどり着いたのが森田というわけだが、納得よりも驚きの方が強いのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る