なぜ森田剛と再婚? “恋多き女”宮沢りえの「男の履歴書」

公開日:

「すったもんだがありました」――。宮沢りえ(44)が缶チューハイのCMでこんな自虐的なセリフを口にしたのは貴花田(当時)との婚約、破局騒動の翌年の94年のことだった。それから約四半世紀。この間も“すったもんだ”だらけだった宮沢が先週16日にV6の森田剛(39)との再婚を発表した。

 18日、都内で行われたサントリー緑茶「伊右衛門」新CM発表会。本木雅弘(52)、元SMAPの草彅剛(43)らと登場した宮沢はCM内では夫役の本木から「このたび、私の『妻』が世間を相当ざわつかせておりまして。おかげさまで多くのご祝福をいただきまして、妻にかわってお礼を申し上げます」と祝福されると、「ありがとうございます」とはにかんだ笑顔を見せた。

 しかしながら、宮沢といえば数々の男たちと浮名を流してきた恋多き女。「なんで森田だったんだ?」という声が、長く宮沢を取材しているマスコミや関係者から聞こえてくるのである。振り返れば、かつて「世紀の結婚」と騒がれた貴花田にはじまり、ビートたけし、中村勘三郎、市川右近、市川海老蔵、中田英寿、ISSA……と噂になった男はとうてい片手では足りず。さらに宝石デザイナー、劇作家ときて、離婚した元夫は元プロサーファーで実業家。そしてたどり着いたのが森田というわけだが、納得よりも驚きの方が強いのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る