• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ森田剛と再婚? “恋多き女”宮沢りえの「男の履歴書」

「すったもんだがありました」――。宮沢りえ(44)が缶チューハイのCMでこんな自虐的なセリフを口にしたのは貴花田(当時)との婚約、破局騒動の翌年の94年のことだった。それから約四半世紀。この間も“すったもんだ”だらけだった宮沢が先週16日にV6の森田剛(39)との再婚を発表した。

 18日、都内で行われたサントリー緑茶「伊右衛門」新CM発表会。本木雅弘(52)、元SMAPの草彅剛(43)らと登場した宮沢はCM内では夫役の本木から「このたび、私の『妻』が世間を相当ざわつかせておりまして。おかげさまで多くのご祝福をいただきまして、妻にかわってお礼を申し上げます」と祝福されると、「ありがとうございます」とはにかんだ笑顔を見せた。

 しかしながら、宮沢といえば数々の男たちと浮名を流してきた恋多き女。「なんで森田だったんだ?」という声が、長く宮沢を取材しているマスコミや関係者から聞こえてくるのである。振り返れば、かつて「世紀の結婚」と騒がれた貴花田にはじまり、ビートたけし、中村勘三郎、市川右近、市川海老蔵、中田英寿、ISSA……と噂になった男はとうてい片手では足りず。さらに宝石デザイナー、劇作家ときて、離婚した元夫は元プロサーファーで実業家。そしてたどり着いたのが森田というわけだが、納得よりも驚きの方が強いのも当然だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事