潜入取材で次々 韓国マスコミが暴露した恥ずかしい国民性

公開日:

 開会式では、150万ウオン(約15万円)、80万ウオン(約8万円)といった高額な席が売れ残ったことは知られていたが、チケットのない一般客をヤミ屋が10万ウオン(約1万円)で不法に会場に案内していたことを韓国のテレビが暴露した。

 テレビ朝鮮によると、本来は22万ウオン(約2万2000円)のD席に一般客を入れている現場を、記者が潜伏取材していた。ヤミブローカーと接触した取材記者によると、彼らは「ホスピタリティー」と呼ばれるスポンサー企業から余ったチケットを請け負い、売れた場合には10%の手数料を受け取る約束をしていたという。

 このダフ屋行為には、アジア系外国人が加担している様子も画面に流れていた。本来は定価より高く売るのがダフ屋だが、あまりにもチケットが残ったために正規価格の半額以下で売っている実情が明らかになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る