• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

潜入取材で次々 韓国マスコミが暴露した恥ずかしい国民性

 開会式では、150万ウオン(約15万円)、80万ウオン(約8万円)といった高額な席が売れ残ったことは知られていたが、チケットのない一般客をヤミ屋が10万ウオン(約1万円)で不法に会場に案内していたことを韓国のテレビが暴露した。

 テレビ朝鮮によると、本来は22万ウオン(約2万2000円)のD席に一般客を入れている現場を、記者が潜伏取材していた。ヤミブローカーと接触した取材記者によると、彼らは「ホスピタリティー」と呼ばれるスポンサー企業から余ったチケットを請け負い、売れた場合には10%の手数料を受け取る約束をしていたという。

 このダフ屋行為には、アジア系外国人が加担している様子も画面に流れていた。本来は定価より高く売るのがダフ屋だが、あまりにもチケットが残ったために正規価格の半額以下で売っている実情が明らかになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る