• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北海道に来た移民たちの屍の栄養を吸ってるんじゃないか

80年代当時の倉本氏(左は故鹿内春雄氏)/(F.C.S.提供)

「北の国から」(フジテレビ系、81~02年)を書き始める2~3年前、暇を持て余していた倉本氏は富良野の原野を歩き回った。そこで目にしたものが物語の核となっていく。

倉本 農家の廃屋がやたらと目についたんですよ。その中に入ると、壁に〈寂しいときにはあの…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事