森社長だけが悪者か…たけし軍団“自業自得”の哀れな末路

公開日: 更新日:

 これに対して森社長は週刊新潮誌上でインタビューに応じ「私一人が悪者にされている」と反論。会社の筆頭株主になったのは26年前でその際にはたけしやたけしの妻にも報告済み。1億円ともいわれる役員報酬についても法外ではないと説明し、これ以上の批判に対しては法的手段も辞さない構えだ。

■1億円批判も04年の年収は8500万円

 オフィス北野は約30人の従業員を20日付で全員退社させ、規模を縮小して再出発の道を探るという。だが、森社長と所属タレントである軍団の対立が長引けば、会社は解散必至。となれば、困るのは事務所がなくなる軍団のはずだ。しかしながら、落としどころの見えないドロ仕合が続いているのである。

 いわば身内の恥を、たけしが新事務所「T.Nゴン」に移籍を果たした今になって蒸し返すことに疑問は残るが、そもそも、軍団が批判する森社長の筆頭株主問題は26年も前の話だし、1億円の報酬についていえば、高額納税者番付が最後に発表になった04年の森社長の推定年収は8500万円(納税額2888万円)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    鈴木亮平「レンアイ漫画家」はドラマ化に不向きだった?

もっと見る