森社長だけが悪者か…たけし軍団“自業自得”の哀れな末路

公開日: 更新日:

 たけし軍団の動向がここまでメディアを賑わせるのはある意味、フライデー襲撃事件(1986年)以来だろう。

 ビートたけし(71)のオフィス北野からの独立に端を発した一連の大騒動。事態は軍団メンバーであるつまみ枝豆(59)、ダンカン(59)、グレート義太夫(59)、水道橋博士(55)の4人がブログで「たけし軍団一同」として、たけし独立の原因は森昌行社長(65)による会社の私物化と断定するに至り、混乱に拍車がかかっている。

 軍団一同は、たけしが知らぬ間に森社長がオフィス北野の筆頭株主になっていたことや、森社長をはじめとする会社の役員報酬が容認できない水準になっていたことを問題視。また、東国原英夫もツイッターを更新し、かつて森社長の経営方針に意見した際にはたけしにボコボコに殴られたが、先日、番組で共演した際には「お前、事実を(各メディア等で)自由にしゃべって良いからな」「『あの時はすまなかった。今となっては、お前の言う事が正しかったと痛感している』という事だった」とツイート。森社長による会社の私物化は積年の問題だったことがわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  8. 8

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

もっと見る