森社長の乗っ取りか 軍団が告発した「たけし独立」の真相

公開日: 更新日:

 ビートたけし(71)の事務所独立劇の内幕が明らかになってきた。

 30年所属していた「オフィス北野」から独立し、この4月から新事務所での活動をスタートさせたたけし。その理由について当初は「自分の時間を増やしたい」「小説を書きたい」などと語っていたが、「その前に事務所への不満、軋轢があったんです」と、事情に詳しい関係者がこう言う。

「森昌行社長とたけしさんの関係がここ数年悪くなっていて、いつたけしさんが出て行ってもおかしくないほどでした。『たけし軍団』のガダルカナル・タカは“殿”の独立について『森社長との方向性の違い』とコメントしていますが、方向性とは、仕事での結果、もっと言うと経営。若手は月3本でも仕事があればいい程度。それではいつまで経っても独り立ちなど望めない。しかも売れてない間、毎月サラリーマンの初任給くらいの手当を与えていた。マネジャーなど30人以上いる社員の人件費も業界相場よりも高いといわれています。全てがたけしさんにおんぶにだっこ。そのあたりを新パートナーである“愛人”がグリグリ追及したことが引き金になった」――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る