「十津川警部」SPで…オスカー俳優陣レギュラー降板の謎

公開日:

 昨年、内藤剛志(62)と石丸謙二郎(64)のコンビでリニューアルされた月曜名作劇場「新・十津川警部シリーズ」(TBS系)。9日20時から“シリーズ第5弾”が3時間スペシャルで放送されるが、捜査1課の刑事役が前田美波里(69)、齋藤めぐみ(32)らから一新され、友近(44)、朝倉あき(26)といった新メンバーに刷新された。

「今回レギュラーを降板したのは、池上季実子(59)以外は主にオスカープロモーションに所属する役者です。十津川ファンの間では『何かあったのかしら?』とさまざまな臆測を呼んでいました」(スポーツ紙記者)

 もうひとつのミステリー……。一体、何があったのか。

「十津川警部シリーズは安定的に視聴率10%台を稼いでいます。TBSは将来的に連続ドラマ化を視野に入れているともいわれ、このタイミングで刑事役の若返りを図ったといわれています。それがたまたまオスカー所属だったというわけです」(関係者)

 今回のドラマの舞台は京都。どんな展開を見せてくれるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る